米インディープロレス狂騒曲:WWEに行く必要がない、あるいは行きたくないという選択肢が可能になっている時代

Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは「米インディープロレス狂騒曲:WWEに行く必要がない、あるいは行きたくないという選択肢が可能になっている時代」です!



 

近年の米プロレス業界は、インディープロレス黄金時代だと言われている。SNSでプロモーションを行ったり、ネットでグッズを販売したり、試合をインターネットで配信することができるようになり、しっかり食っていくことができる、才能豊かなインディーレスラーが現れ始めているのだ。特に、新日本プロレスやROHに絡んでいる選手の中には、以前であればWWEに入団しない限り得られなかったような大金を得ている人もいる。

 

米国のインディースターのパイオニアとされているのは、1999年にデビューしたコルト・カバーナだ。インディープロレスといえばかつては、試合を見るには会場に行くか、通信販売でDVDを購入するしかなかった。グッズも会場で選手自身が細々と手売りをしているだけだった。大学で経営学を専攻したカバーナは、そんな状況を少しでも改善しようと、自分のTシャツやグッズのオンライン販売を始めたのである。

 

2007年にWWE入りしたカバーナが、2009年にリリースされてインディーシーンに戻ってみると、インディーレスラーの間で自分のやり方がより進化して普及していた。しかもYouTubeやネット配信がスタンダードになっていた。

 

「私がプロレスラーになった頃には、インディーのスター選手などというものは存在すらしなかった。しかし今では、こんなことになるとは想像もしなかったのだけれども、インディーでもいい暮らしができるようになった、というだけでなく、WWEに行く必要がない、あるいは、行きたくないという選択肢が可能になってきている」
 

【つづきはこちら】

pagetop